芸能人 女性

鈴木明子の離婚理由は?結婚前から無理があった?

フィギュアスケーターとして活躍した鈴木明子さんが離婚を発表しました。

29歳で現役を引退し、その後は振付師や若い選手の指導を行なっていました。

結婚したのは、2017年2月1日。外資系サラリーマンの方と結婚し、公私とも順調かと思ったのですが・・・。

2人にいったいなにがあったのでしょうか?

離婚理由について迫っていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

鈴木明子の旦那について

旦那さんが一般人のために顔のわかる画像がないのが残念です。

鈴木明子さん曰く「綾野剛さんと星野源さんを足して2で割ったような顔」と話していました。

私は外資系サラリーマンと聞くだけで「できる男」と思ってしまいますし、イケメンなイメージを勝手にもってしまっています。

なんとなく敵対心があるのです。笑

2人は地元の同級生で、鈴木明子さんが営む居酒屋の常連で、18年ぶりに2015年の秋に再会し、交際に至りました。

スポンサードリンク

鈴木明子の離婚理由は?

離婚理由は公になっていませんが、結婚前からのやりとりから推測していきたいと思います。

結婚の時に鈴木明子さんのお父さんは、女性自身の直撃にこのように応えているのです。

「娘は小学校のころからずっとスケート漬けだったので、掃除も洗濯も料理もできません。引退後もアイスショーで忙しいですし、結婚したからといって家事を急にやるというのは無理でしょう。だから掃除して料理を作って、妻が帰ると『お帰りなさい』と言うぐらいの男性でないと続きません。そんな娘を理解してくれるのか、聞こうと思っています」

この記事を読んだ旦那さんは、血相を変えて鈴木明子さんの母親のもとへ相談にいったそうです。

お父さんには目的があったようですね。

「父親からこれしきのことを言われたくらいで結婚を躊躇するような男なら、最初から駄目だと思っていました。女性自身が2人を向き合わせる、良いきっかけになりました。その後、2人は将来について話し合ったといいます。一緒に努力して工夫できることはないか。お互いに結婚の覚悟があるのかどうかをね。そうやって歩み寄ることができたのです」

旦那さんの結婚に対する覚悟を試したということでしょう。

このときは乗り切って結婚に至りましたが、結婚して生活するとなると、難しかったのではないかと思います。

確かに仕事から帰ってきて疲れているのに、家事や掃除ができていないとなると、イライラもたまってしまうでしょう。ですが鈴木明子さんは専業主婦ではありません。

振り付けしとして、後輩の指導にあたっていましたし、イベントにも出席していたので多忙だったと思います。

これらのことが離婚理由となるならば、私としては旦那さんにもっと理解と忍耐をしてほしかったなと思います。お父さんの思惑は的中してしまいました。

今回は、離婚理由を勝手に推測してみましたが、まだ2人とも若いので次こそは幸せを掴んでほしいと思います。